行政書士は法律の資格になります

行政書士は街の法律屋さん、といわれているくらいのところであり、法律的な資格がある人がやっています。
それが行政書士資格であり、他にも法律の資格といえば弁護士と司法書士でしょう。
しかし、これらはまるで違うことをよく理解しておきましょう。
弁護士は法律事務所などを開いている人になります。
しかし、司法書士や行政書士が事務所名に法務事務所とつけることがあったりもすることでしょう。
ですができることが違うことになりますから、これはしっかりと覚えておきましょう。
基本的に行政書士とは名前の通り、行政に提出する書類を代行することができる人たちになります。
ちなみに行政書士しかできない、という行為はないです。
ですから、ある意味では代書屋さん、といえることでしょう。
行政書士というのは身近な法律家であることは確かではありますが特別な権限が際立って付与されているわけではない、というのかある意味では特徴の一つであるといえるでしょう。

パソコンの調子が悪い

仕事で英文契約書が必要になった時は
ジェックスにお任せください

低価格高サービスの税理士事務所
大阪のフォークライアンへご相談ください

最新記事

  • 様々なトラブルに応じて、法律事務所に足を運んで相談をするということもあるかもしれません。
    どこ …

    詳細はコチラ!

  • 今では消費者金融から気軽にお金を借りることができるのでそのおかげで助かっている人が沢山いますが、その …

    詳細はコチラ!

  • 法律の専門家と言えば、弁護士が真っ先に頭に浮かんできた人も少なくないでしょう。
    その他にも司法 …

    詳細はコチラ!