法律とは我々の生活と密接に関係しています

法律は単なる概念的な道徳とは異なり、成文化している必要があります。
これは言うまでもなく、法律には強制力や、罰則などが伴っているため、なんとなくの共通理解では困るからです。
法律は三権分立のもと、国会が制定するものです。
しかし実際に全ての細かい法律を国会が決めることは不可能ですので、実際は様々な行政機関に細則が委任されます。
また政令や省令といった形式のものもありますし、地域によってことなる、地方自治体による条例と言うものもあります。
また、法律は国内だけのものではありません。
国と国との取り決め、法律と呼べるのが条約です。
法律はできるだけ明確であり、具体的である必要がありますが、法律の解釈などが問題になることがあります。
そのような時には過去の裁判所の法律の解釈の判例が参考にされます。
法律は我々が社会的、文化的な共同生活をおくるために必要不可欠なもので、普段意識をしなくても、実際は我々の身近な様々な部分と密接に関係しています。
法律を簡単に説明した本なども出版されていますから、一度手にしてみるのも面白いのではないでしょうか。