町の法律家・司法書士資格の存在意義とは

法律の専門家と言えば、弁護士が真っ先に頭に浮かんできた人も少なくないでしょう。
その他にも司法書士、行政書士などの資格があり、複数の資格を取得している先生方もいます。
それぞれの業務の担当範囲が、違う面があり包括的に法律業務を行なうためには、複数の資格を取得している方が便利だからです。
ここでは本業としている先生方の違いを見ていくことにします。
司法書士の先生は、弁護士と同様に、私達の生活に身近な存在であり、法律に詳しい存在です。
町の法律家として、ちょっとした法律相談ができる司法書士が身近にいると頼りになります。
なお、司法書士のメインの業務は、不動産か関連の登記代行業務が主体です。
法務局に提出する登記申請書の作成や申請業務全般を代行してくれます。
登記申請は、不動産登記法によって、とても厳格に申請書式が定められており、法律の専門的な判断が必要とされるため、素人が行ってもなかなか登記官が受理してくれせん。
ここの法律の専門家としての、司法書士資格の意義があるのです。